高見え間違いなし!安い印鑑を購入しよう

トップ > contents > 印鑑は品質で選ぶことが大切です

印鑑は品質で選ぶことが大切です

印鑑は日常的に使う認め印から、銀行印や実印など種類があります。そして、素材にもよりますが安いものでは一本1000円前後で購入できるものもあります。しかし、長く使うことを考えれば、品質がいいものを選ぶことが大切です。ちなみに、主な素材としては薩摩本拓や黒水牛などがあります。特に、薩摩本拓は安い素材ですが、固さもあるため長く使えるというメリットがあります。使い勝手もいいため、認め印や銀行印として使っている人が多いです。価格としては一本2500円ほどで作ってもらうことができます。そして、黒水牛は重厚感があるうえに耐久性が高いというメリットがあります。価格も一本3000円ほどで作れます。これらは、認印から実印まで使われていて一番オーソドックスな素材になっています。

そして、高級な素材としてはチタンや琥珀があります。チタンは若い人から年配の人まで人気がある素材で、一生涯使えるといっても過言ではありません。チタンは耐久性が非常に高く錆びないという特徴があります。しかも、印鑑を押したときにくっきりはっきりと押すことができるため、大切な書類にも使えます。そのため、実印を作るのであればチタンがおすすめです。価格ととしては、安いものでも1本1万円ほどになります。そして、書体もいろいろと選ぶことができ、古印体や吉相体や篆書体が人気があります。認め印の場合には古印体が人気で、実印では複雑な篆書体が選ばれています。ちなみに、素材によっては手彫りしてもらうことができますが、その分高くなります。そして、印鑑を購入するときには、インターネットで依頼をすることで比較的安く作ることができます。

実際に作ってもらう時の流れとしては、初めに素材を決めます。長く使うことを考えて自分に合う素材を選ぶようにします。そして、印鑑本体の太さも選ぶことができ、10.5ミリや13.5ミリなどがあります。好みや印鑑の種類によって選ぶことができますが、女性の場合は細いタイプを男性の場合は太いものを選ぶ傾向があります。最後に書体を選び注文完了が完了します。できれば、セットで購入をすることでよりお得に購入ができます。例えば、薩摩本拓の3本セットで1万円ほどで作れます。そして、チタンのセットであれば2万5千円ほどになります。もちろん、購入するサイトによって異なるため、比較をして決めることが大切です。そして、購入をするとケースをサービスしてくれることもあり、それに入れて保管することができます。そして、納期に関しては、加工のしやすさなどによって違いますが、最短当日で大体3日ほどで完成して納品されます。

次の記事へ

PAGE TOP