高見え間違いなし!安い印鑑を購入しよう

トップ > contents > 印鑑が安いにはいろんな理由が存在する

印鑑が安いにはいろんな理由が存在する

近ごろは通販サイトの世界でたくさんの業者が印鑑を安く早くをモットーに販売している様子を垣間見ることができます。その印鑑が安い価格で販売されているからにはそれなりの理由が存在していて、それを知っておく必要があります。まず最初に安くできている理由の1つは印鑑に使用している材質となります。販売されている印鑑では複数の種類の材質が使用されていて、材質次第で価格が大きく変動をします。これらの一例ではアカネや水牛や牛角などがあるし、近年では金属製のチタンや水晶なども比較的知られる存在となってきています。材質での価格は木材などよりも金属製のほうが高くなります。しかし印鑑を購入する場合は価格面だけでなく耐久性の視点でも考慮をしておかねばなりません。というのは一部の材質では安価に購入できる反面として耐久性が弱くて寿命が短くなるなどの問題もあります。

耐久性が弱くなると乾燥してひび割れたり、一部が欠けたりなどの症状が発生してきます。これは使用頻度などの環境に左右されるために、一概に判断できる基準がないので注意を要します。次に名前の彫り方となります。その彫り方は昔は手彫りが全てでありましたが、通販業者の多くでは納期を早く済ませるために機械彫りが一般的となってきています。しかし通販で販売されている彫り方はすべて機械彫りとは限らず、一部では機械彫りの後に手仕上げで加工したもの、また完全手彫りとなっているものなどもあります。これらは商品詳細の項目で完全機械彫りなのか、機械彫りと手仕上げであるか、完全手彫りなのかを確認しておく必要があります。ただここで注意することは安さ一辺倒で機械彫りを選択してしまうと、似たような文字となってしまって印鑑登録時に登録できないなどの可能性も発生することとなります。

そしてもう1つ注意することとしてチタン印鑑の存在があります。チタンは硬い金蔵で耐久性はありますが、それゆえに機械彫りしかできません。硬すぎて手彫りができないためにオリジナリティーの低い印鑑しか作りにくくなります。そのために一部の業者では偽造対策としてチタン製を敢えて販売しないところもあります。他に安さを実現できている理由は実店舗の存在となります。一部の業者では実店舗を抱えないで運営しているところもありますし、あっても1店舗だけで済ませている場合もあります。これにより人件費などのコストを最小限に抑えるなどして価格低減を図っていたりもします。そして最後に注意することは一部の業者ではコスト最優先のために技術や品質が欠陥がみられる場合があります。そのために材料自体が粗悪品だったり、機械彫りなどでも印影が同じだったり欠けていたりなどしている場合もあります。

次の記事へ

PAGE TOP